学校ないならここで勉強していけ!

がこない独学応援ブログ

中学生 問題にチャレンジ 国語文法 文節と文節の関係

【文法問題15】文節の関係ばかり10問一緒に解こうぜ【テスト対策編】【がこない中学国語文法道場】

投稿日:2022年6月29日 更新日:

こんにちは、がこないのクボタです。今回も「がこない中学国語文法道場・1000本ノック編」をやっていこう。

今回は期末テストが近いこともあって、「文節と文節の関係」に絞って10問やっていこうと思う。

前回の問題演習記事はこちら。

【文法問題14】助詞の種類ばかり10問一緒に解こうぜ【テスト対策編】【がこない中学国語文法道場】

助詞の4種類の区別ができるまで、徹底的に解きまくれ!

各3回の講義記事の中から、見分け方の攻略チャートを図で引用する。

文節と文節の関係の授業記事を先に読みたい人はこちら。

主語と述語の関係・修飾と被修飾の関係をマスターせよ・文節と文節の関係1【中学国語文法】

中学国語文法の中で意外に疎かにされやすい単元である「文節と文節の関係」を、現役塾講師のクボタが分かりやすく解説します!

接続の関係・独立の関係・並立の関係・補助の関係をマスターせよ・文節と文節の関係2【中学国語文法】

中学国語文法の中で意外に疎かにされやすい単元である「文節と文節の関係」を、現役塾講師のクボタが分かりやすく解説します!

連文節の考え方と総合練習問題6問・文節と文節の関係をマスターせよ3【中学国語文法】

中学国語文法の中で意外に疎かにされやすい単元である「文節と文節の関係」を、現役塾講師のクボタが分かりやすく解説します!

内容は至ってシンプルで、私が初めてのプログラミングで作成した簡単なWebアプリがこない中学国語文法道場の中から、文節の関係のページを使って、10問ほど解きながら解説を入れていくだけのコーナーだ。問題文と解答はその画面のスクショを貼るつもりだけど、必要に応じて説明を補おうと思う。

なお、本来はランダムで10問出題されるんだけど、任意でブログ上では掲載順を変えてある。(よって問題番号は飛び飛びになることもあります)。同じ関係ばかり偏りたくないからね。

また、今回は主部や述部のような連文節には触れず、純粋に文節と文節の関係だけを問う形式にしてあります。

それではいってみよう。



第1問【難易度★★★☆☆】

では最初の問題。

冒頭でも画像で示したが、それぞれの関係は簡単に説明できる状態がスタートラインだ。

主語と述語の関係・・・「誰(何)が」 - 「どうする」「どんなだ」「何(誰)だ」「ある(いる)・ない」

修飾と被修飾の関係・・・詳しくする側とされる側

接続の関係・・・文と文を繋いでいる

独立の関係・・・文の中で浮いた存在

並立の関係・・・並んでいるだけ

補助の関係・・・「〜して/いる」「〜して/みる」「〜して/しまう」「〜して/おく」など

これだけ。毎回これらのどれに当てはあるかを考えながら、下線部を見ていくことになる。

解答はこちら

ちなみ並立の関係は入れ替え可能(バスか/電車か)。なぜなら並んでいるだけで、優劣の序列はないからだ。

第2問【難易度★★☆☆☆】

次の問題。

もう一度だけポイントを確認しておく。(次から省略)

主語と述語の関係・・・「誰(何)が」 - 「どうする」「どんなだ」「何(誰)だ」「ある(いる)・ない」

修飾と被修飾の関係・・・詳しくする側とされる側

接続の関係・・・文と文を繋いでいる

独立の関係・・・文の中で浮いた存在

並立の関係・・・並んでいるだけ

補助の関係・・・「〜して/いる」「〜して/みる」「〜して/しまう」「〜して/おく」など



解答はこちら

ちなみに主語と述語の関係では、必ず述語から見つけること。それからその動作主や状態主、存在主を自分に問いかけながら探すと確実だ。

第3問【難易度★★★☆☆】

次の問題。

自分の頭の中で、先ほどの攻略チャートに照らし合わせながら解く。

解答はこちら

「この/本は」だから主語と判断しない(述語がないから)。この単元は、下線の引かれ方次第で関係性の見方は変わってくる。

あくまでも「この」と「本は」の関係で判断すること

第4問【難易度★☆☆☆☆】

次の問題。

自分の頭の中で、先ほどの攻略チャートに照らし合わせながら解く。

解答はこちら

これは簡単。だって呼びかけているだけだから。

第5問【難易度★★★☆☆】

次の問題。

自分の頭の中で、先ほどの攻略チャートに照らし合わせながら解く。




解答はこちら

ちなみ並立の関係は入れ替え可能(可愛くて/小さい)。なぜなら並んでいるだけで、優劣の序列はないからだ。

第6問【難易度★★★★☆】

次の問題。

自分の頭の中で、先ほどの攻略チャートに照らし合わせながら解く。

解答はこちら

ちなみに「言って/しまう」の「言う」は本動詞「しまう」は本来の意味が薄れた補助動詞扱いだ。

第7問【難易度★★★☆☆】

次の問題。

自分の頭の中で、先ほどの攻略チャートに照らし合わせながら解く。

解答はこちら

たまにこのような問題で、

「よって」は浮いて見えるから独立の関係

とする生徒がいるが、上の文(書いてはいない)と下の分のつなぎ目を作っているだけだ

「、」だけで浮いている、と判断はしないように。

第8問【難易度★★★★☆】

次の問題。

自分の頭の中で、先ほどの攻略チャートに照らし合わせながら解く。

解答はこちら

連用修飾語はこのように、かなり離れた位置から詳しくかかることもあるので要注意。

第9問【難易度★★★★☆】

次の問題。

自分の頭の中で、先ほどの攻略チャートに照らし合わせながら解く。

解答はこちら

「疲れた」と言う動作に引っ張られて述語としない「ので」だけで接続語ともしない(文節じゃないから)。

「疲れたので」の1文節で、後ろの文に繋がる接続語なのだ。

第10問【難易度★★★★☆】

次の問題。

自分の頭の中で、先ほどの攻略チャートに照らし合わせながら解く。




解答はこちら

ちなみに「走って/くる」の「走る」は本動詞「くる」は本来の意味が薄れた補助動詞扱いだ。

今回は以上だ。とにかくテンポ良く解きまくるのが大事。

気が向いたらリンクを貼っておくので、実際の道場で学んで欲しい。地味に暇な時に問題を増やし続けて、1000問を目指している。管理がどうせできなくなると言う理由で、ユーザー登録制にはしていないので安心してね。

それではテスト本番も頑張って!

「中学国語文法ならここ!」って言われるくらいのコンテンツを目指しているので、ぜひ活用してほしい。




最後に5000回以上視聴されている私の文節の関係講座の動画バージョンはこちら。

はっきりとモチベーションに繋がるので、よかったら高評価やチャンネル登録してね。

それではまた!

-中学生, 問題にチャレンジ, 国語文法, 文節と文節の関係

Copyright © がこない独学応援ブログ, 2022 All Rights Reserved